アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
花筏だより
ブログ紹介
さくらは年一回咲き、満開の見ごろは短く、一夜の風雨で潔く散ってしまう。その花びらが帯のように川の流れに浮かんで流れてゆく、まるで筏のように。

また、ミズキ科の落葉低木。山中の林下に自生し、5月ころ緑色の葉の中央部に淡黄緑色の小さい花を数個つける、果実は球形で黒く熟す。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
翔子の東大五月祭(月刊日誌)
翔子の東大五月祭(月刊日誌) 5月21日本郷の東大キャンパスで恒例の「東大五月祭」が開催されました。 翔子は農学部エリアの一条ホール、東京大学仏教青年会が主催する「講演会」に参加しました。 テーマは「これからの仏教〜寺子屋ブッダの見据える未来〜」 講師は松村 和順師、大来 尚順師 早島 英観師で先生と表示されてました。 早島師は、千葉県房総市のお寺副住職の傍ら、「寺小屋ブッダ」を創出して、活動し、大来師は米国に留学し研鑽してきた山口市徳地の浄土土真宗超勝寺副住職、松村師はドキュメンタリー映画の監督でもある。 いまの... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/28 16:24
翔子Walking in Enoshima(月刊日誌4月ー2)
翔子Walking in Enoshima(月刊日誌4月ー2) 快晴の4月23日午前9時10分新宿発の小田急ロマスカーで江の島へ!心地よい風と日差しよく、小田急江ノ島駅前から2時間30分のウlォーク約5キロ、由比ガ浜までほぼ平坦でした。腕を振って海岸線を歩くと、頻繁に行き交う車もあまり気になりません。 駄句 「波に乗り先ゆくサーファー恋の浜」 「珈琲の砂糖がほぐす春の風」 「恋しいと呟いてみる百日紅」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/28 13:14
翔子の花見蘆花公園付近(月間日誌4月ー1)
翔子の花見蘆花公園付近(月間日誌4月ー1) 桜は青森で満開の時期ですが、4月3日咲き初めてつぼみと夏みかんの実 芦花公園は徳富蘆花の旧宅付近の小さい桜をご覧ください 駄句 「家の戸をゆーるく押して花疲れ」 「六義園枝垂れ桜に落ち椿」 「つらねうた花を詠みこむ挙句まえ」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/28 12:40
翔子のSriLanka#3「シギリヤロック」(月刊日誌3月)
翔子のSriLanka#3「シギリヤロック」(月刊日誌3月) オーストラリアの「エアーズロック」によく似た岩山「シギリヤロック」は コロンボ北東150kmにある。477年カッサバ1世が花崗岩の岩山頂上 に王宮・要塞をつくり18年間使用したという。 岩山の途中壁面には「シギリヤ・レディ」という美女が描かれている。現在は撮影禁止、残念です。 山頂は、MachuPicchuの遺跡に似ていますが、下界は森林で爽快感は全く違います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/30 15:36
翔子のSriLanka#2
翔子のSriLanka#2 この旅最初の涅槃像、黄金の光が鈍いが、 多数の彫像と極彩色の壁画は ダンブッラの石窟寺院 (世界遺産) 寺院に至る途中で「象の孤児院」と言われる象の保護施設を 見ました。時刻が来ると水浴びが行われているようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/30 12:17
翔子のスリランカ!(月刊日誌3月)
翔子のスリランカ!(月刊日誌3月) 2017年3月5日成田発スリランカ航空は満席、10時間のフライトで、コロンボに到着。 市内から離れたホテルから遠望すると・・・。 翌朝からバスで市内見学、「コロンボ国立博物館」へ。 ここは、仏教の国、僧侶の方に毎日坐禅してますか?英語で返ってくる歴史が・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/30 11:46
梅のかほり・翔子の2月
梅のかほり・翔子の2月 森羅万象を 動かしているのは 宇宙のいのち だから この いのちをつかみ いのちを吸飲し いのちを清浄にし いのちに光をつけ 宇宙のいのちと ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/12 13:49
翔子の酉年正月(月間日誌2017年・平成29年元旦)
翔子の酉年正月(月間日誌2017年・平成29年元旦) 暖かい元日〜3日でした。自宅のテラスからご来光を見る 本栖湖から二重の初日の出る瞬間テレビ生中継は湖面にさざ波で残念! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/09 13:05
翔子の聖夜?
翔子の聖夜? 平成28年12月23日(金)は天皇誕生日の国民祝祭日 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/30 18:54
翔子の師走 幇間芸ー2
翔子の師走 幇間芸ー2 手拭いを頭にのせる、頬被りする、屏風に忍び寄る ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/30 18:11
翔子の師走いよいよ幇間登場(月間日誌12月-2)
翔子の師走いよいよ幇間登場(月間日誌12月-2) 幇は助けるという意味、宴席に侍して 座を取り持つ芸を披露し遊びを助ける男 たいこもち、男芸者とも。 写真が飛んで意味不明でしょうね ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/26 14:35
翔子の師走初体験幇間芸
翔子の師走初体験幇間芸 12月第1水曜日から1泊の江戸のお遊び! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/26 14:09
翔子の学会探検・沖縄名護ー2
翔子の学会探検・沖縄名護ー2 宮里氏の講演はゴーギャンの有名な絵画でも知られる言葉で締めくくられた。 「我々はどこから来たのか、我々は何ものなのか、我々はどこへゆくのか」 未来に向けて「なぜ何もないではなく何かがあるのか」を想起させよう」とのお考えでしょう? 6日の朝は散歩に名護湾の穏やかな水辺お歩き、球場の見えるホテルのレストランで野菜のしゃぶしゃぶを楽しみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/24 15:30
翔子の学会探検・日ハムのキャンプ地(名護市ー沖縄)月刊日誌11月
翔子の学会探検・日ハムのキャンプ地(名護市ー沖縄)月刊日誌11月 11月5−6日日本創造学会の研究大会が名護市の名桜大学で開催された。 やんばる・山原は沖縄本島読谷岳以北、全島の3分2を占める地域を指すそうで、 中心は名護市、ほとんどが山地、景勝の地でもある。 大学は公立で素晴らしい設備になっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/24 14:41
翔子の味覚・食文化創造都市鶴岡(月刊日誌10月)−5。
翔子の味覚・食文化創造都市鶴岡(月刊日誌10月)−5。 食文化を創造するとは、人間がいること、おいしい魚、野菜、米など素材が豊富であること。歴史と自然。 それぞれ今生きていて活性化している! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/27 14:58
翔子の味覚・食文化創造都市=鶴岡(月刊日誌10月)−4
翔子の味覚・食文化創造都市=鶴岡(月刊日誌10月)−4 10月9日お昼ご飯は酒田市の寿司割烹「鈴政」の特上寿司リーズナブルな料金で8貫、素晴らしい!参考までに追加した「のどぐろ」をご紹介しましょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/27 14:28
翔子の味覚・食文化創造都市(ユネスコ認定)=鶴岡(月刊日誌10月)-3
翔子の味覚・食文化創造都市(ユネスコ認定)=鶴岡(月刊日誌10月)-3 食文化を創造する都市の朝は7時の勤行から始まった。 烏帽子直垂の神官(大進坊主人)が太鼓を打ち、息子?が法螺貝を吹いて開式。出羽三山を祭神とする 山岳宗教であるので、お祓い、祝詞の奏上が行われました。 朝食も精進料理でしたが、つや姫という庄内の白米  が限りなく食欲を刺激します。きれいな庭のコスモスなどを愛でながら宿坊を後にしました。 この日(9日)の宿は「花筏だより」おなじみの坂本屋、鶴岡市三瀬の老舗料理屋さんにお願いしました。 料理の一部を掲載します、ごくり。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/27 12:49
翔子「食文化創造都市」鶴岡を行く(月刊日誌10月)ー2
翔子「食文化創造都市」鶴岡を行く(月刊日誌10月)ー2 10月8日大進坊の情報で羽黒山の国宝五重塔が18時〜ライトアップされるという。 山門で提灯を200円で借りて雨上がりの石段を転ばないように歩き、祓川の紅い太鼓橋を過ぎると素晴らしい 木造の塔が浮き立って輝いている。 参拝を終えて夕食は自家製の精進料理、特に白胡麻の餡かけはすり鉢で丁寧にすって作るという。蕨,ゼンマイ、アケビ、マイタケ、(もってのほか、)という方言でよぶ菊・・。魚の焼き物は精進ではないけれど、酒のつまみという説明がありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/24 12:48
翔子の美味探検・ユネスコ食文化創造都市鶴岡(月刊日記10月)
翔子の美味探検・ユネスコ食文化創造都市鶴岡(月刊日記10月) 2016年10月8日羽田発10:55 庄内空港12:00着、レンタカーでJR余目駅直近奥田シェフ監修のレストラン「やくけっちゃーの」に向かう。雨模様でクラッセ(複合施設)の建物外観撮れず、店内に入る。旧米倉庫なので天井が高く気持よいのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/19 16:16
翔子の夏 熱中症?(月刊日誌8月)
翔子の夏 熱中症?(月刊日誌8月) 9月に入り、蝉の声も静かになりはじめました。 今年の夏は例年の日本海で海水浴を休んだせいか、 体調を崩してしまいました、地元のクリニックでは熱中症と風邪?でしたが・・ 微熱と食欲不振が続き病院にいきました。 診断は「急性腸炎」となり、絶食し点滴3日、炎症のレベルを示すCRPが下がり始めて通院で,静養しながら服薬と、重湯から食事を慎重に進めて回復することができました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/09 13:00

続きを見る

トップへ

月別リンク

花筏だより/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる